即日でファクタリングを受けるために必要なもの

ファクタリングはすでに請求をしている売掛債権を買い取り業者に譲渡することで、本来の入金日よりも早く現金を手にすることができる仕組みです。

新型コロナウィルスの蔓延によって経済活動にストップが入ってしまったため、最近では資金繰りの手段としてファクタリングを利用する中小企業や個人事業主も増えています。

業者によっては即日でファクタリングができると宣伝しているところも多くありますが、即日で現金にできるかどうかは様々な条件や書類の有無で変わってくるので注意しましょう。


まず絶対に必要となるのが売掛債権が既に発生しているかどうかです。未請求のものは買取をしてもらうことができません。取引先の企業の調査はファクタリング業者が行いますが、最低利用金額を設定している業者も多いので、小口の売掛債権は相手にしてもらえない場合もあります。

即日のファクタリングにまつわる情報をまとめています。

申し込みをする人の住民票などの証明書も必要になりますので、すぐに書類の発行ができるマイナンバーカードを持っているかどうかでもスピードに違いが出てくるでしょう。



特に初めて契約する業者とは即日での振り込みが難しいことも多く、即日対応はすでに取引実績がある人向けの宣伝文句だと考えておいた方が良いです。


インターネット上や電話だけでは完結せず、面談が必要になるケースも多くあります。



業者が近い場合は問題ありませんが、地方に住んでいてすぐに会うことが難しい場合は時間がかかるのを覚悟しておいたほうが良いです。

業者に来てもらうことも可能ですが、出張費用が発生して受け取ることができる金額が少なくなる場合もあります。