もつ鍋の栄養について

もつ鍋にはたくさんの栄養があります。使用する野菜によっても変わってきますが、よく一般的に使用されている野菜を使った場合の栄養について説明します。

もつ鍋サイトを今すぐ確認してみましょう。

最初にメインでもある「もつ」ですが、「もつ」はホルモンのことです。



ホルモンの栄養ですが、必須アミノ酸やミネラル、鉄分やビタミンが豊富に含まれています。

またホルモンにはコラーゲンもたくさん含まれています。

コラーゲンは体内で吸収されにくい成分なのですが、食物繊維やたんぱく質、ビタミンCなどと一緒に摂取すると吸収されやすいと言われています。

もつ鍋に入っているキャベツやニラには食物繊維やビタミンが多く含まれていますし、豆腐はたんぱく質が豊富です。


これらが一緒に入っているもつ鍋なら効率よくコラーゲンも摂取できます。

他の栄養では、ニラやにんにくに含まれる硫化アリルという成分は独特な臭いのもとでもありますが、疲労回復にとても効果のある成分です。


たくさんの栄養を摂っても体内の吸収が悪ければ意味がありません。

もつ鍋に使われる醤油や味噌の発酵食品と野菜に含まれる食物繊維は腸をきれいにしてくれるので、栄養を吸収しやすくしてくれます。

また温かい鍋を食べることによって、体が温まるので代謝がよくなり栄養も吸収しやすくなります。

FC2まとめの情報がてんこ盛りのサイトです。

さらに発汗作用がほしい時には、唐辛子をいれればカプサイシンの効果でさらに体が温まります。ホルモンは低カロリーなので、もつ鍋はカロリーを気にせず効率よく栄養が摂れる料理だといえます。