2社間のファクタリングは即日お金が入る

企業間取引におけるお金の流れは、商品の移動よりも1ヵ月から2ヶ月ぐらい遅いことが多いです。

例えば、1月に商品をある会社が他の会社に売った場合、現金で取引する事はあまり多くありません。
この場合、手形等が発行されることになりますが、手形が現金化するまで待つとすればその間に債権者の資金がショートしてしまう会社もあるかもしれません。

この場合には、ファクタリングを利用して資金を確保することも可能です。
特に自転車操業の会社は、即日入金してほしいと考えるかもしれません。
即日入金をするためには、三社間で行うものよりも二社間で行うファクタリングの方が何かと都合が良いです。

即日のファクタリングの専門サイトのココです。

ただし、二社間で行うファクタリングの場合には、債権の金額よりも2割以上少ない金額しか手に入らないと考えて良いでしょう。



例えば、100万円分の商品を売った場合、手形などを使えば数ヶ月後にその100万円を手に入れることができますが、ファクタリングを利用する場合には75万円程度しか手に入らない可能性があります。


なぜこのように低い金額になってしまうかと言えば、債権の二重譲渡をされるリスクがあるからです。



三社間で行う場合と異なり債務者に通知をしないのが二社間で行うファクタリングの特徴です。

そうすると、債権者が全く別の業者と契約しお金をもらっている可能性も考えられます。

このような理由から、即日にお金を手に入れることができても満額に近い位のお金は手に入らないことを知っておくべきです。